VR・ARを活用したビジネス提案、コンテンツ開発を行っています

HMDのOculus Rift DK2

Oculus Rift(オキュラスリフト) DK2 は、バーチャルリアリティ用のヘッドマウント型ディスプレイ(HMD)です。装着すると、3Dグラフィックスや実写の仮想世界が目の前に表示され、まるでその世界にいるような感覚になり、これまで体感したことのないような高い没入感を得られます。

まずはバーチャルリアリティ(VR)に触れてみてください

ヘッドマウント型ディスプレイ(HMD)を使ったヴァーチャルリアリティの再現性や没入感は、残念ながら言葉や画像での説明だけではどうしても伝えきることができません。
そこで当社では、デモンストレーションで仮想世界を体験いただけるように準備しております。これまでたくさんの方々に体感いただき、その素晴らしさをご理解いただいてまいりました。

 

どのような活用方法が考えられるのか?

現在こののようなVR分野は、ゲームやアミューズメント施設での利用が最有力視されていますが、将来的には広く普及が進み、企業におけるセールスプロモーション、教育コンテンツ、旅行代理店、介護施設など、あらゆる分野での応用が可能と考えられます。

IT革命は第4段階のバーチャル革命の時代へ

コンテンツパートナー

さまざまな分野のエキスパートとの業務提携を通して、より質の高いコンテンツ開発を行っております。

 

技術顧問 西田圭介 氏

西田 圭介 氏

写真家・エディトリアルディレクター

1948年 東京生まれ 千葉大学卒
産經新聞社出版局写真部、週刊サンケイ編集部で表紙のアートディレクターならびにカメラマンを経て、設立プロジェクトメンバーとして株式会社扶桑社の設立に携わる。同社にて、月刊誌「ESSE」、週刊誌「SPA!」創刊。新聞広告、TVCMまで幅広く制作。
公益社団法人 日本広告写真家協会(APA)正会員。

技術顧問 白石トモオ 氏

白石 トモオ 氏

映像ディレクター・ビジュアルプランナー

1967年 神奈川県横浜市生まれ
日本工学院専門学校放送制作芸術科(演出コース)卒業
日本テレビ系列の看板長寿番組『笑点』のアシスタント・ディレクター。その後、様々な業種の映像ディレクションを担当。企業向けVP(社員教育、販売促進など)をはじめ、TV番組、TV-CM、ミュージックビデオ、セルDVD、イベント中継収録・送出など、様々なジャンル、手法の映像制作を経験。2008年、パイ・クリエイティブ・ワークス株式会社を設立、現在同社の代表取締役。

株式会社ポケット・クエリーズ

ポケット・クエリーズ

Unity コンテンツ開発

株式会社ポケット・クエリーズは、Unity を用いたゲーム・アプリの受託開発・自社製品開発・教育研究を行う会社です。
同社は日本でもかなり早い段階から Unity を用いての開発を推進しており、Unity 開発のノウハウ・資産を大量に保有しております。
また、教育・セミナー事業を通じて、Unity エンジニア / ゲームデザイナの育成・海外先進事例紹介などの情報配信を積極的に行い業界をリードしています。

 

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

 

お問い合わせ(Inquiry)